おきらく生活録
その日を振り返る。毎日の生活に一滴の潤いを求めて。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ラブアクチュアリー
20041103230753.jpg
「ラブアクチュアリー」
ご覧になった人も多いはず。かなり話題になりましたからね。ずっと観たいと思っていたのですが、いつもレンタル中でようやく借りることができました。
いくつかのラブストーリーがクリスマスに向けて同時進行、新人助手に恋する新米首相、親友の新妻に恋するアーティスト、義理の息子の恋愛を応援する父親、言葉の通じない相手に恋する作家、お互い惹かれあいながらうまくいかない同僚、不倫を匂わすが妻お見通しの夫婦愛、SEXを夢見てアメリカに渡る青年などなど(まだあったかな?)いろいろな"愛"が表現されて、しかも同時に進んでいくから、最初はあれ?これは?だったけど、そのうちストーリーを掴めて、それぞれの恋の行方を追えるようになるとああ、なるほど、なんて。後半は学校のクリスマス会で集結。"All i Want For Christmas Is You"の歌詞がぴったりね。
あんな告白されたいなーなんて思いながら、思わず微笑んでしまう映画でした。

10月もあと一週間、クリスマスも近づいた今の時期に見るのがいいのかも。
クリスマス直前じゃ、一人身の私にはちょっと寂しいかもね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ミステリー作家のジェイミーは、弟に恋人を奪われしてしまい、傷心のまま南フランスの湖畔コテージで創作活動を行う。そこで、ポルトガルから出稼ぎにきていたメイドのオーレリアと出会う。言葉が全く通じない。ある日、ジェイミーの原稿が風で、吹き飛ばされてしまう。オー
2005/10/01(土) 19:34:38 | 映画のセリフで口説いてみない?(男性版)
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。