おきらく生活録
その日を振り返る。毎日の生活に一滴の潤いを求めて。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
酒の肴 in 新橋
昨日、新橋で飲んだ。(たく、新橋ってところがセンスがない)
メンツは、小学校時代の同級生二人(♂)と私の計三人。
20:30に待ち合わせだったんだけど、仕事が終わらず、結局21:00。
J氏も遅れ、T君ひとりで30分、新橋をうろうろし、お店を見つけておいてくれました。
T君のあだ名は、冥王星人。昔からちょっと変わってた。
10人くらいの仲間で年に1回位は集まってたんだけど、冥王星人は就職して大阪に転勤になり、それ以来音信不通になっていた。
そう、あれは5月の終わり、仕事を終えいつものように恵比寿の鉄板焼きやに足を急がせていると一人の♂とすれ違い、「あれ?○○?」ってつぶやいてみたら彼は振り向いた。
12年ぶりの再会だったのだ。それから4時間ほど(これもすごいと言われたけど)これまでの12年間をかいつまみ話す、話す。
2ヶ月前そんな冥王星人のご帰還に10人ほど仲間が集った。冥王星人の発見をみんなが褒め称えてくれたのは言うまでもない。

2週間ほど前に電話があり、冥王星人の誘いで三人で飲みに行くことになった。それが昨日だった。
冥王星人は、×1で子供1人いるが、今は派遣で生計を立てながら大学院の研究室でなんかの研究をしてるらしい。(細かく説明を受けたが理解不能)
自分の人生のために、妻と子には稼ぎ方を教え離婚したというのだ。子は小学校の高学年らしい。自分は、普通の父親が一生で100教えることを120教え切ったというのだ。
12年ぶりにあったときは、やっぱりこいつ変わってると思い、何を聞いても理解できなかったけど、昨日の私は違っていた。
Jはよくしゃべるオトコで、自分大好き人間。昨日も俺流をしゃべってたけど、途中で面白くないから話を冥王星人の人生に振ってみた。これが失敗だった。
ビールで乾杯した後、焼酎をボトルで頼み、後半、ほろ酔い気分になり口の周りがよくなったところで、「あなたおかしいよ」あー言っちゃったー…人の人生なのに。私、負け犬人生なのに。
「離婚の理由はあなたの身勝手」とか、「子供に120教えたとか言ってるけど、それは碁を教えただけで他に何も教えてあげてない!!」…と。子供もいないのに、私…
あー…やってもーたー。
冥王星人は、別れ際に「今日はありがとう」といった。なににだろう??
Jとは家が近いので地元の駅で、もう一軒飲みに行った。いつもはチャリだがJのおごりでタクった。家に着いたのは2時だった。

そして私は、一銭も払っていない。
J君、ご馳走様でした。

大人の私は二人にメールを出した。
J氏にはお礼を、冥王星人にはお詫びを。
冥王星人からの返事は「誰も言ってくれないことをはっきり言ってもらえて感謝しています。『目からうろこ』の感がありました。」と。
やっぱりこいつ、変わってる…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。